やや市場が狭まりつつあるSIerの状況

IT業界は全体として急速な隆盛を続けてきたが、その中心を担ってきたものの一つのがSIerである。
情報システムを導入することによって企業として業務効率化や経費削減を実現するという戦略が取られるようになり、積極的に情報システムの構築を依頼するケースが増えたのである。
しかし、急速に導入が進んだ結果としてやや需要が下火になってきた。
IT業界全体で見てもやや市場が縮小傾向にあるが、その中でもSIerの縮小傾向は比較的顕著に見られているものである。
エンジニアは自分が勤める先の将来性を考えなければならないという意識が高く、市場が縮小傾向にある業種にはあまり立ち入らないようにする傾向があるのは確かだろう。
それに加えてsierは残業が多い点が特徴である。
それを意に留めずにIT業界で活躍することを目指してきたのが現在の中心を担っている世代だが、若い世代になって残業が多いのを気にかけるようになってきた。
私生活を充実させたいという気持ちが強くなり、残業が少ない業種をあえて選ぼうとしない傾向が生まれてきている。
そのため、エンジニアとしては別の業種を選ぶことが多くなり、やや人口は減少傾向にあるのが現状である。
もともと数が多かったからこその傾向ではあるが、これからの市場の動向に応じてまた多くなる可能性も否定はできない。
企業での新しいシステムの活用方法が見出されていくにつれて需要が伸びることも想定できるからである。

SIer業界の残業事情と課題について考えてみた